皆さんはAmazonログイン&ペイメントというサービスをご存じだろうか。

Amazon以外のサービスでも、Amazonのアカウントを利用して決済を行うことができるサービスである。

利用者としては、Amazonを利用したことが一度でもあればクレカ情報などを新規に登録しなくとも決済が可能だし、サービス運営者からすれば、決済情報の漏洩などのセキュリティリスクを管理する必要がない。利用者に登録の手間をかけさせない分、コンバージョンも上がるのではないかと思う。ユーザーは欲しい商品があって購入導線に進入したとしても、その間が面倒だと思うと購入をあきらめてしまうというデータもあるくらいだから、その辺りをある程度最適化した形で提供できるのは一つの導入のメリットなのではないかと思う。

「Amazon ログイン&ペイメント」で注文成約率が34%UP!? ECサイトの決済を簡単にし、売上アップ!

もちろんECだけではなく、様々なジャンルで使うことができて、海外では、旅行、デジタル商品、保険、エンターテイメント、チャリティ等にも広がっているらしい。

しかもワンショット(単品購入)の決済だけではなく、サブスクリプション(月額課金、定期課金)にも対応しているのだから応用の幅はかなり広い。

まぁ2年くらい前に出たサービスなので今更取り上げるのもなんだかなとは思うが、世界で約3,300万人が使っているというのはすごいなと思って取り上げた次第である。エコシステムはまだまだ途上という感じなので、うまいことラッパーする余地とかはあるのかなと思うこの頃。

http://eczine.jp/news/detail/4239

検索の傾向を見ると、世界的にはものすごい伸びていて特にアメリカとかインドがすごいという印象。あとヨーロッパでも一部の国が強いなと。日本は、5年前くらいから変わっていなくて知名度はかなり低いのかなという印象を受けた。日本には携帯のキャリア決済とかあるし、そういうニーズが日本には少ないのかな?